名寄市

(名寄市)[お知らせ]新型コロナウイルス感染者情報等の公開について【9月23日更新】

概要

名寄市のお知らせ「(名寄市)[お知らせ]新型コロナウイルス感染者情報等の公開について【9月23日更新】」が、2022年09月23日に更新されました。詳しくは、以下の「自治体からのお知らせ」をご覧ください。

また、名寄市の「新型コロナウイルス」に関してのお知らせは、その他 18件ありますので、こちらも参考にご覧ください。

全てをご覧になる場合は、 名寄市+新型コロナウイルスで確認できます。

自治体からのお知らせ

各課のご案内
名寄市保健センター
新型コロナウイルス「COVID-19」
新型コロナウイルス感染者情報等の公開について
新型コロナウイルス感染者情報等の公開について
市の直近1カ月分における新型コロナウイルスの感染者情報を公開します。
新型コロナウイルス感染者情報
9月30日発信情報
これまで、名寄市内におけるコロナ感染情報を毎週火曜日、金曜日に市で把握できる部分を公表していましたが、国の全数届出の見直しにより把握ができなくなりました。
あわせて、市関係分の陽性者の確認がされた際には、市のホームページなどに掲載を行ってきたところですが、感染状況の変化に伴い、業務に支障をきたすことがなくなっていることから、10月1日(土曜日)以降は市ホームページなどへの掲載を行わないこととします。
なお、市職員の感染により市民サービスに影響が生じる場合(窓口の休止や施設の閉鎖など)については、速やかに市ホームページなどで公表します。
今後も、感染者の状況、国や北海道の感染予防対策を注視しながら必要な情報を市民の皆さまにお届けしていきますので、これまで同様、感染予防対策を含め市民の皆様への周知にご協力をお願いします。
9月27日発信情報
市内におけるコロナ感染者は、北海道の公表で先週は(18日~24日分)54人で、年代別の感染者は、10歳未満10人、10歳代11人、20歳代6人、30歳代8人、40歳代6人、50歳代4人、60歳代5人、70歳代2人、80歳以上2人となっています。
前回報告以降の24日から26日までのコロナ感染者報告は9人でした。
全数届出の見直し等により、今回の報告は昨日26日締めとなります。
24日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係2人、名寄市役所関係1人でした。
陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには、特に普段生活している方以外との飲食・会話などの際の基本的な感染予防や換気の徹底とあわせてご協力をお願いいたします。
また北海道では、新型コロナウイルス感染者の全数届出の見直しに伴い9月26日(月曜日)から、ご高齢や重症化しやすい方々に適切な医療の提供を行うため、症状が軽い方は、ご自身の健康管理による自宅療養を基本とし、体調が悪化した場合に相談対応する、「北海道陽性者健康サポートセンター」の運用を開始していますのでお知らせします。
詳しくは、添付のパンフレットや下の北海道ホームページをご覧ください。
なお、濃厚接触者になる可能性がある方に注意喚起を行う「北海道コロナ通知システム」は9月25日をもって運用が廃止されていますのでお知らせします。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。
北海道ホームページ-コロナに関する支援の流れ(外部サイト)新規ページで開きます
9月23日発信情報
市内では、今週(18日~23日)に入り52人のコロナ感染者の報告があります。
全世代で感染者の確認がありますが、感染者の割合は10歳代以下の年代が多く確認されています。
21日以降の市関係分の陽性者は小中学校関係11人、市役所関係2人、衛生施設事務組合関係1人でした。
陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。
9月20日発信情報
市内におけるコロナ感染者は、北海道の公表で先週は(11日~17日分)59人で、年代別の感染者は、10歳未満15人、10歳代14人、20歳代3人、30歳代5人、40歳代14人、50歳代4人、60歳代2人、80歳以上2人となっています。
前回報告以降の17日から20日までのコロナ感染者報告は23人でした。
17日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係5人、名寄東病院関係2人、名寄市立大学関係1人でした。
陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには、特に普段生活している方以外との飲食・会話などの際の基本的な感染予防や換気の徹底とあわせてご協力をお願いいたします。
また、北海道では、国による全数届出の見直しをはじめとする「Withコロナの新たな段階への移行」に向けたさまざまな取扱いの変更と、これに伴う業務の見直しに伴い、道民の皆さまからの問い合わせがさらに増えることを想定し、一般相談可能な窓口の利便性向上を図るため、情報発信の新たな取組みとして「北海道コロナチャットボットシステム」の運用を開始していますのでお知らせします。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。
北海道コロナチャットボットシステム(外部サイト)新規ページで開きます
9月16日発信情報
市内では、今週(11日~16日)に入り44人のコロナ感染者の報告があります。
感染者の割合は10歳代以下の年代が多く確認されています。
14日以降の市関係分の陽性者は小中学校関係9人、名寄市立大学関係1人、名寄市立総合病院関係1人でした。
陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
北海道では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、診療・検査医療機関への受診の集中を緩和し、迅速な陽性判定ができるよう、有症状の方への抗原定性検査キットの配布や陽性者登録を行う「北海道陽性者登録センター」を設置し、9月13日(火曜日)から上川管内においても運用が開始されました。
対象者は次の1.2.3のいずれにも該当する方が対象です。
【web申請のほか、メール、ショートメッセージによる連絡が可能な方に限定】
道内にお住まいの方(長期滞在者を含む)で、地域の診療・検査医療機関(発熱外来)が混み合っており、予約や受診・検査が困難な方などただし、札幌市、旭川市、函館市、小樽市を除く
64歳以下の方
有症状で「軽症(補足1)」かつ「重症化リスク因子(補足2)に該当しない」方
補足1次のような症状の方(水分が飲めない、ぐったりして動けない、呼吸が苦しい、呼吸が速い発熱が4日以上続く)は、該当しません。
医療機関を受診してください。
補足2人工透析患者の方、妊娠中の方、抗がん剤による治療中または治療直後の方
検査キットの申込や検査結果の登録方法等、詳しくは北海道のホームページや次ページ以降のチラシを確認してください。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。
北海道陽性者登録センター(外部サイト)新規ページで開きます
9月13日発信情報
市内におけるコロナ感染者は、北海道の公表で先週は(4日~10日分)71人で、年代別の感染者は、10歳未満9人、10歳代7人、20歳代10人、30歳代9人、40歳代14人、50歳代7人、60歳代4人、70歳代4人、80歳以上7人となっています。
前回報告以降の10日から13日までのコロナ感染者報告は32人でした。
3日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係13人でした。
陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには、特に普段生活している方以外との飲食・会話などの際の基本的な感染予防や換気の徹底とあわせてご協力をお願いいたします。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。
9月9日発信情報
市内では、今週(4日~9日)に入り52人のコロナ感染者の報告があります。
前週に比べて減少していますが、すべての年代で感染者が確認されています。
7日以降の市関係分の陽性者は小中学校関係1人、保育所関係2人、名寄市立総合病院関係1人、名寄東病院関係1人でした。
陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
朝夕の寒暖の差が激しくなっています。
気温に適した服装や栄養バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠と笑顔で日頃から免疫力を高める生活を心がけましょう。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。
9月6日発信情報
市内におけるコロナ感染者は、北海道の公表で先週は(8月28日~9月3日分)121人で、年代別の感染者は、10歳未満15人、10歳代10人、20歳代17人、30歳代22人、40歳代20人、50歳代8人、60歳代11人、70歳代4人、80歳以上14人となっています。
前回報告以降の9月3日から6日までのコロナ感染者報告は42人でした。
3日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係4人、名寄市立大学関係1人、名寄東病院関係2人でした。
陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには、特に普段生活している方以外との飲食・会話などの際の基本的な感染予防や換気の徹底とあわせてご協力をお願いいたします。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。
9月2日発信情報
市内では、今週(8月28日~9月2日)に入り100人のコロナ感染者の報告があります。
感染者の年齢は10歳未満、20歳代、30歳代、40歳代、80歳代以上が多数となっています。
8月31日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係1人、保育所関係2人、市役所関係3人、市特養清峰園関係1人、市立総合病院関係2人、名寄消防署関係1人でした。
陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
北海道では9月1日から30日まで「医療のひっ迫と感染の拡大を防ぐ取組」を道民の皆様に呼びかけています。
市民や事業者の皆様には、医療のひっ迫を防ぎ、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るため、基本的な感染防止行動の徹底やワクチン接種の検討、さらには、事業継続に向けた取り組みの実践をお願いいたします。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。
8月30日発信情報
市内におけるコロナ感染者は、北海道の公表で先週は(21日~27日分)208人で、年代別の感染者は、10歳未満25人、10歳代19人、20歳代37人、30歳代37人、40歳代36人、50歳代26人、60歳代11人、70歳代9人、80歳以上8人となっています。
前回報告以降の8月27日から30日までのコロナ感染者報告は56人でした。
27日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係3人、保育所関係11人、市役所関係1人、市立病院関係6人、市特養清峰園関係2人でした。
陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには、特に普段生活している方以外との飲食・会話などの際の基本的な感染予防や換気の徹底とあわせてご協力をお願いいたします。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。
知人が感染した場合の対処
マスク着用の方針
北海道からのお願いパンフレット
冷静に思いやりのある行動を
市では令和2年12月に「コロナ差別がゼロのまち宣言」を行い、患者や医療従事者などが安心して治療や看護等に専念できるように取り組んでいます。
市民の皆さまも正確な情報のもと、「もし、自分が感染したら」と考え、思いやりのある行動をお願いします。
差別ゼロ宣言(PDF:203KB)
お問い合せ・担当窓口
名寄市新型コロナウイルス感染症対策本部
事務局:名寄市保健センター
住所:郵便番号096-0032北海道名寄市西2条北5丁目
電話番号:01654-2-1486
ファクシミリ:01654-2-7267
メール:ny-hokencen@city.nayoro.lg.jp

(引用元)名寄市のお知らせより。(2022年10月22日時点)http://www.city.nayoro.lg.jp/section/hoken/prkeql000002l40u.html

この情報は古い可能性があります。自治体のサイトから最新の情報をご確認ください。http://www.city.nayoro.lg.jp/

その他のお知らせ

その他、北海道についてのお知らせがあります。
名寄市についてのお知らせがあります。
新型コロナウイルスについてのお知らせがあります。

記事データ

(名寄市)[お知らせ]新型コロナウイルス感染者情報等の公開について【9月23日更新】

この記事の投稿IDは250524です。更新日は2022年09月23日です。市町村は名寄市です。都道府県は北海道です。メインタグは「新型コロナウイルス」です。

-名寄市
-, , , ,